麻酔科のご案内

麻酔科の業務は、手術時の麻酔管理と麻酔科外来におけるペインクリニックです。
近年は、麻酔薬や麻酔装置も進歩し、麻酔は非常に安全なものになっています。
当院では麻酔科専門医が2名在籍し、よりよい状態で手術を受けていただけるよう体制を整えています。私たち麻酔科医および手術室スタッフ一同は、患者さんの安全を図ることはもちろんのこと、苦痛なく不安なく手術を受けていただけるよう、術前から術中、術後にわたって努力しています。

ペインクリニック

ペインクリニック外来では、ペインクリニック専門医が各種の痛みの治療に当たります。治療の対象は、三叉神経痛(顔面の激しい痛み)、帯状疱疹後神経痛(帯状疱疹後の痛み)、腰・下肢痛、頸肩腕症候群(首、肩、腕の痛み)、頭痛(片頭痛など)などの痛みのほかに、顔面神経麻痺、突発性難聴も治療の対象となります。
治療は、神経ブロック(硬膜外ブロック、三叉神経ブロック、星状神経節ブロック)、トリガーポイント注射、薬物治療などの方法で痛みの治療を行います。

担当医師

栁下 芳寛

診療顧問

栁下 芳寛ヤギシタ ヨシヒロ

1973年卒

専門領域
麻酔科
専門医・認定医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本専門医機構 麻酔科専門医
  • 日本麻酔科学会 麻酔科認定医
  • 日本ペインクリニック学会 ペインクリニック専門医
  • 日本呼吸療法学会 呼吸療法専門医
  • 日本医師会認定産業医
所属学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本ペインクリニック学会
  • 日本老年麻酔学会
  • 日本呼吸療法学会
  • 日本医療マネージメント学会
小野田 昌弘

麻酔科部長

小野田 昌弘オノダ マサヒロ

手術麻酔では患者様の様々な合併症(高血圧、糖尿病、高脂血症、気管支喘息、狭心症など)に対して、心電図、肺機能、胸部レントゲン、心エコー検査などでしっかり術前診察で評価し、問題があれば各診療科のバックアップ体制のもと安全に手術が行える麻酔を行っています。
これまでは術後鎮痛に硬膜外麻酔(背中の注射)が主でしたが、術後血栓症予防の抗血栓療法の影響で行いにくくなり、その代わりに大腿神経神経ブロック+関節内カクテル注射+持続静脈点滴で良好な術後鎮痛が得られています。さらに超音波ガイド下神経ブロックの併用により術後鎮痛の質の向上も可能になりました。

専門領域
麻酔科
専門医・認定医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会 専門医
  • 日本専門医機構 専門医
  • 日本麻酔科学会 指導医
所属学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本臨床麻酔学会