整形外科のご案内

整形外科は、運動器の病気やケガを扱う診療科であり、四肢の骨、筋肉、関節のほか、脊椎、末梢神経も対象となります。
当院では、骨折や捻挫などの外傷、加齢とともに増加する変形性関節症や変形性脊椎症、骨粗鬆症などの一般的な整形外科診療にあたっております。
中でも関節疾患(特に膝)に対しては、人工関節置換術や関節鏡の手術治療を数多く行っております。スポーツに関わる外傷や障害の患者さんも診療しております。
その他、地域の皆様の健康寿命促進のための様々な活動も行っております。
熊本大学附属病院、済生会熊本病院、熊本中央病院、熊本医療センターなど高度急性期病院との連携も密に行なっております。

担当医師

病院長/ホスピタウンハウス管理者

林 茂ハヤシ シゲル

1973年卒

専門領域
整形外科
専門医・認定医
  • 日本整形外科学会専門医
  • スポーツ・運動器リハ医
  • 日本医師会産業医
  • 日本リハビリテーション医学会臨床認定医
  • 日本リウマチ学会登録医
所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本リウマチ学会
山口 浩司

院長代行/整形外科部長/関節外科センター長

山口 浩司ヤマグチ コウジ

1992年卒

平成26年から関節外科センターを開設しております。関節鏡視下手術や人工関節置換術の症例は平成24年の新病棟開設から年々増加傾向にあります。コンピュータ解析による3Dテンプレートを用いての人工関節置換術の術前計画を平成27年から導入し、より正確な手術を提供できるようになっております。平成28年からは両側同日人工関節置換術も開始いたしました。その他スポーツ障害の手術症例も増加しています。
改新したクリニカルパスを使用することで、患者さんには不安なく手術を受けていただけるように、スタッフは治療の標準化、最新化を日々行えるように努めております。
高齢化社会に伴う関節疾患は生活習慣と密接に関わっており、骨粗鬆症対策を無視できないのが現状と考えております。スポーツ活動に由来する障害、外傷では予防やセルフケア指導の重要性も感じております。日常生活の指導から始まり、リハビリテーションを中心とした保存的療法、さらには手術療法、術後のケアまで総合的な治療の提供を目指しております。

専門領域
整形外科
専門医・認定医
  • 日本整形外科学会 専門医、リウマチ・運動器リハ医
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医
  • 日本骨粗鬆症学会認定医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本骨折治療学会
  • 日本人工関節学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
中島 伸一

院長補佐

中島 伸一ナカシマ シンイチ

1981年卒

専門領域
整形外科
専門医・認定医
  • 整形外科専門医
  • 整形外科専門医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 認定産業医
  • 臨床研修指導医
所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本専門医機構
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本医師会