熊本ホスピタウン構想

―医療・福祉・保健と生活の融合体―
地域社会の健康づくりに不可欠な存在として、機能してゆきたい。

「ホスピタウン」とは、「ホスピタル」と「タウン」を合わせた言葉で、医療・福祉・保健の充実した町のことです。

医療・福祉・保健・生活・仕事の5つのゾーンの充実を図り、健康な人も病気の人も喜びに満ちあふれ、安心して暮らせる町づくりを目指しています。

保健

  • 地域保健
    地域基本健診、節目健診、乳児健診、予防接種
  • 学校保健
    学校医、学童保健衛生、学習環境、メンタルヘルスケア、学校スポーツ(部活)
  • 産業保健
    産業医、職場検診、労働環境、メンタルヘルスケア
  • 健康教室、栄養教室、スポーツ大会(グランドゴルフなど)、フィットネス、スイミング、ウォーキング、フットパス、ノルディックウォーク

生活(計画進行中)

周辺のバリアフリーの住居生活ゾーンで、高齢者や障害者のための、一戸建て住宅やアパート、グループホーム(対象者は、認知症の方だけでなく、慢性関節リ ウマチや片麻痺、末期がんなどの方)などをつくり、希望があれば「にしくまもと病院」とのオンラインによる緊急システムを整備する。

仕事(計画進行中)

仕事場(年をとっても、体が不自由でも、人の為に何かができる、何か作る楽しみがある、以前の仕事の経験が生かせる、そしてわずかでも収入になる:生きがいの場)生きがいセンター

  • ふれあい農園
    農業・園芸・貸し農場・農業指導
  • ショッピングプラザ
    生きがいセンター、農園や地域で作ったものの販売
  • 義肢装具研究所
    福祉工場、福祉機器、車椅子、自助具、装具などの製作修理を行なう場